TOP
> ニュース > 10人に1人がネッ…

10人に1人がネットで恋愛!?現代の「出会いの場」事情に迫る

ネット恋愛のカップル急増中

ネット恋愛カップルが増えているらしい
いま、恋人と出会うきっかけの場が変わってきている。インターネットをきっかけにつきあい始めるカップルが増えてきているのだ。ブライダル総研の行った調査によると、その割合は1割を超えた。現在恋人がいる人の10人に1人はネット恋愛をしているという結果に、現代の恋活事情におけるインターネットの重要性が伺える結果となった。

ネット恋愛が恋活の主力になりつつある

ネット恋愛急増中
ブライダル総研が、20~40代の恋人がいる未婚者へ「現在の恋人との出会いのきっかけ」のアンケートを実施した。主な回答は「職場」や「サークル」、「友人の紹介」など。その中で目を引いたのは、「インターネット」で知り合ったというカップルの割合が、思いの外高かったことだ。
 
男女合わせると全体の11.4%がインターネットで出会ったと回答している。内訳は男性が13.8%、女性が9.7%と、男性の方が高い。出会いのきっかけを順位付けすると、インターネットは女性の場合は6番目だが、男性の場合は3番目となっている。女性よりも、男性の方がネット恋愛の占めるウエイトは大きいようだ。

なぜ今、ネット恋愛が流行るのか

かつては「インターネットで出会った、顔も素性も知らない人と恋愛するなんて」と危ぶまれる声が多く、敬遠されがちだった。人に知り合った理由をきかれて、適当に誤魔化すカップルも多くいたはずだ。しかし、今はmixiなどのSNSに加えて、TwitterやLINEのように手軽にコミュニケーションをとれるツールも増えている。
 
恋愛対象の有無にかかわらず、広い人間関係を作れるようになったことが、ネット恋愛が普及した1番の理由ではないか。出会いが増えれば、必然的に恋のチャンスも増えることになる。また、以前よりもネットで知り合った人と深い仲になることへの抵抗感が薄らいでいるのも大きい。今の20代や30代は、若い頃から当たり前のようにインターネットを利用していた。その延長線上であれば、インターネットに対する不信感が上の世代に比べて薄いのは当然だろう。

警戒心なくさず、上手な利用を

ネット恋愛にはデメリットもあれば、メリットもある。忙しい現代人にとって、短時間で人間関係を広げることの出来るインターネットは、今後ますます発展するに違いない。必然的に、インターネットをきっかけにした恋愛の機会は増えていくだろう。しかし、見ず知らずの人と恋愛をするリスクがなくなるわけではない。警戒心をなくすことなく、慎重に恋愛を進めていって欲しい。
 
出典[ブライダル総研 リサーチニュース] 『恋愛観調査2013』(有効票 男女2352人)

The following two tabs change content below.
恋愛カウンセル編集部
恋愛カウンセル編集部 あらゆる恋の悩みを解決に導く、「恋愛カウンセル」の編集部です。「恋愛カウンセル」編集部では、読者の皆さんの、恋のお悩みを募集しています。恋愛相談のプロフェッショナルが、皆さんから寄せられた悩みをズバッと解決!
  • Twitter
  • Facebook