TOP
> カップル > 円満の秘訣 > カップルの危機!3…

カップルの危機!3の法則を乗りきって恋愛ご長寿になる秘訣

【恋愛相談】長続きする秘訣を教えてください(20代・女性)

今付き合っている人と、ずっと一緒にいたいと思っています。でも、私は過去に半年以上付き合いが続いたことがないんです。倦怠期だったり、喧嘩だったりが原因で毎回ダメになってしまいます。長続きさせるためにはどうすればいいのでしょうか?

「3の法則」を乗り越えろ!

長続きの秘訣
恋の賞味期限は18ヶ月から3年とも言われ、カップルが別れやすい時期として有名なのは、3ヶ月、6ヶ月、9ヶ月・・、いわゆる3の倍数が危ないとされています。これを「3の法則」と言いますが、出会った頃のドキドキやときめきが一段落し、倦怠期になるのがこの頃だからです。この倦怠期を乗り越えることが安定した関係を築くコツで、上手に乗り越えれば恋の賞味期限を過ぎても、真実の愛を育むことができるのです。
 
そのためにはマンネリした関係を見直す必要があります。ではどのようにしたら二人の間に新しい風を入れることができるのでしょうか。

互いの秘密を尊重する

恋人のことを全て知りたいと思うと窮屈な関係になってしまいます。知らない部分があっても必要以上に知ろうとせず、そこは信頼でカバーする方がいい関係を持続できます。手の内のカードを全て見せるより、ミステリアスな部分を残しておくことも駆け引きのひとつです。

恋人は、褒めて育てよ

倦怠期になって相手の変化に無関心になってしまうと、相手の心も離れていきます。服装や髪型など、ちょっとした変化に対して良い所を探して褒める癖をつけていきましょう。
 
シャイな日本人はあまり褒め方がうまくありませんが、海外の人は実にこれをうまくやっています。相手を褒めるためには観察力が必要不可欠です。褒め合う癖をつけると観察力も磨かれるので、相手の魅力にも敏感になっていきます。また褒められることが自信となり、それによって新たな魅力を身につけることができるのです。

スキンシップをたいせつにする

浮気防止にもなる最強の恋愛ホルモン「オキシトシン」を刺激するためには日ごろのスキンシップがとても効果的です。手をつなぐ、ハグをする、キスをするなど、デートの中で必ず触れ合う時間を作りましょう。

お互いの一人の時間を充実させる

相手の中に新たな魅力が見いだせないことが倦怠期の理由のひとつです。そのためには互いに変化しあう必要があります。二人でいると変化はしづらいものですが、一人の時間を充実させる過程で人は新たな魅力を身につけていくのです。
 
そして最後に、全ての事柄について言えることですが「二人の関係を悪化させないために○○をしてはいけない」という意識を持つのではなく、「二人の関係をよりよくするために○○をする」という積極的な考えを持つことがたいせつです。長続きをさせる秘訣をマスターして、どうか恋愛ご長寿を目指してくださいね。

The following two tabs change content below.
宮本 里穂

宮本 里穂

恋愛心理学の専門家 恋愛心理学を専門に、社会心理学なども勉強しています。お酒を飲むことと、音楽を聴くことが好きです。心理学を基にして、実践的なアドバイスをすることを心がけています。
  • Twitter
  • Facebook