TOP
> 恋愛トラブル > DV/モラハラ > 「どうして人が嫌が…

「どうして人が嫌がることをするのか?」モラハラ男の性格を徹底分析

【恋愛相談】嫌がることをする人の心理とは(20代・女性)

コンプレックスや苦手なことばかりを彼から言われてうんざりしています。嫌がることをして楽しむ人の心理とは、どのようなものでしょうか。

「どうして人が嫌がることをするのか?」モラハラ男の性格を徹底分析

「どうして人が嫌がることをするのか?」モラハラ男の性格を徹底分析
 
モラハラ加害者は「どうして人が嫌がることをするのか?」という素朴な疑問を、性格から徹底分析します。『自己評価が高い』『自己正当化をする』『何を言っても否定する』という行動の裏に見える、本当の心理とは。

表面上を取り繕うのが上手

プライドが高く自己評価の高いモラハラ加害者は、表面上は「優しくて素敵な人」でありたいがゆえに、『人前での態度』と『ふたりきりの時の態度』が異なる場合が多くあります。
 
ゆえに彼の本当の性格を知っているのは自分だけで、周りからは「優しい彼氏」だというレッテルを貼られてしまう可能性も。被害者にとって相談出来る相手が少ないことが、モラハラ被害の悲しい一面です。

モラハラを当然のことだと思っている

自己正当化を重ね、『間違い・失敗は他人の責任』であると考えるモラハラ加害者。根本的なその性格は、もしかしたら家庭環境にあるのかもしれません。
 
幼い頃から『父親の言葉が絶対』という家庭で育った子供は、自分が大人になった時に、無意識のうちに同じ行動をとってしまう傾向にあります。ゆえに彼女に対しても『男の自分の方が偉い』『女は男に黙って従うもの』というモラハラ的な態度をとってしまうのです。

ストレスを発散するが下手

『機嫌が悪いと何を言っても非難される』という被害が多くあります。自分の失敗を認めることが出来ないモラハラ加害者は、仕事で受けたストレスを彼女に対してぶつけているのかもしれません。
 
「自分より価値が低い人間をそばに置きたい」という加害者心理から、何を言っても非難・否定。無茶苦茶な理論で相手をねじ伏せてしまおうとするのです。

モラハラ男との話し合いは慎重に

平気で言葉の暴力を使用する、加害者との話し合いは慎重に行いましょう。
 
話し合いが困難な場合には、「別れたい」「距離を置きたい」という決定的な意思表示をすることも大切です。
 
またモラハラの対処法として「同じようにやり返すことで相手に痛みを伝える」というものがありますが、それはお勧めできません。「目には目を、歯には歯を」のやり返しでは、結果的に自分の人生において、なにもプラスになることがないからです。

The following two tabs change content below.
片桐 ヒロ

片桐 ヒロ

男心の専門家 男心を制すものは恋愛を制す、をモットーに、なかなか聞けない男の本音をぶっちゃけます。バイク乗りで、ツーリングが生きがい。あけすけな性格なので、敵を作りやすいのが欠点。でも味方にすると心強いと言われます。
  • Twitter
  • Facebook