TOP
> 恋愛トラブル > DV/モラハラ > 被害が深刻化する前…

被害が深刻化する前に!モラハラ男への対処法「我慢する」がNGの理由

【恋愛相談】モラハラ被害への対処法とは(30代・女性)

モラハラ被害への対処法を事前に知っておくことで、実際に被害を受けた時に上手に対処したいと思います。対処法のご教授を、よろしくお願いいたします。

被害が深刻化する前に!モラハラ男への対処法「我慢する」がNGの理由

被害が深刻化する前に!モラハラ男への対処法「我慢する」がNGの理由
 
もしも自分が「モラハラ被害」を受けていると気が付いたら。その時、すべき行動をまとめました。我慢ではなく、勇気を持って行動することが、あなたの本来の幸せな生活を取り戻す方法です。

「我慢する」は間違った対処法です

『執拗に非難』をしたり、『陰湿に指摘する』などをして、相手の価値を下げようとする【モラル・ハラスメント(モラハラ)】の被害に対して、我慢するというのは間違った対処法です。
 
「私が我慢をすれば丸くおさまる」という思いから、被害に対して我慢するという方が多くみられます。しかし本来『執拗に非難』をしたり、『陰湿に指摘する』という行為を受けるということ自体がおかしいのです。
 
いくら「我慢をする」と言っても限度があります。あなたが我慢をすることで、モラハラ行為はエスカレートし、最悪DVなどの身体的・精神的な被害をこうむる可能性もあります。

あなたは何も悪くありません

モラハラ被害が日常化すると、「私が悪いから非難される」「彼は悪い私の行動を指摘してくれている」という心理にとらわれることがあります。幾度となく非難されることで、無意識のうちに「自分が悪い」と間違った認識をしてしまうのです。
 
モラハラ被害において、あなたに罪は一切ありません。「あなたが悪いから非難される」のではなく、「執拗に非難する彼」が加害者です。

「別れる」という選択も考えましょう

お互いが平等に意見を言い合える関係性が大切であり、一方が負担を強いられて生活するというのは、破たんした関係であると言えるでしょう。モラハラ被害に対しての話し合いで解決しない場合には、「別れる」という選択肢を考える必要もあります。
 
もしまだ付き合い始めて浅い段階で被害が発覚したならば、ズルズルと付き合い続けて別れることが困難にならない内に、すっぱりと別れることも大切です。
 
あなたの自尊心を傷つけ、精神をむしばんでゆく、モラハラ被害。我慢ではなく、勇気を持って行動することが、あなたの本来の幸せな生活を取り戻す方法です。

The following two tabs change content below.
越智 祐子

越智 祐子

別れと失恋のアドバイザー別れ話のアドバイザー 恋愛に別れは付きものです。私は、数多くの恋人の別れを見守ってきました。別れは決して終わりではありません。新しい自分のはじまりです。微力ながら、「次へ繋げるための別れ」をサポートしていきます。趣味は絵画鑑賞、美術館巡り。

カテゴリ :

DV/モラハラ

タグ :

  • Twitter
  • Facebook