TOP
> 片想い > アプローチ方法 > 百戦錬磨の恋多き女…

百戦錬磨の恋多き女から学ぶ「男心を操る恋仕掛けテクニック・5選」

【恋愛相談】恋愛上手になりたい(20代・女性)

陰で「恋愛体質」と呼ばれている女性から、「あんた、まだ彼氏できないの?」と言われました。本当のことだけど、何も言い返せなかった自分が悔しいです。どうすれば、彼女のように恋愛上手になれるのでしょうか?

恋多き女のテクニックを盗もう!

百戦錬磨の恋多き女から学ぶ「男心を操る恋仕掛けテクニック・5選」
 
恋愛体質と呼ばれる女性から「まだ彼氏できないの?」なんて聞かれたら、“可哀想な子。お気の毒さま”そう思われているようで、なぜか鼻に付くものですよね。次々と男性を手玉にとる恋多き女は一体どんな技を使っているのか、厳選した5つの恋仕掛けテクニックをご紹介しましょう。

恋愛体質の女性がモテるワケ

「恋愛体質」と呼ばれる女性は、基本、男性の影が絶えません。女の武器を前面に押し出している場合が多く、同性からは煙たい存在として扱われがちです。しかし、男性からの支持率は驚くほど高く、とにかくモテます。
 
どうすれば、そんなに男性を落とし続けることができるのか。それは、テクニックを持っているという理由だけではありません。失敗を恐れない、強靭なメンタルの持ち主だからです。恋愛上手になりたいのなら、見習うべき部分も多いのではないでしょうか。

恋多き女が使っている「恋仕掛けテクニック・5選」

恋愛体質の女性は、計算なしで男心を操っています。無意識のうちに、恋仕掛のけテクニックを使っているのです。今回はその中から、多くの恋を経験できるのも納得の5つを厳選しました。参考までに、ご紹介したいと思います。
 
1.他人の目を気にしない
周りの人にどう思われようと、全く関係ありません。いつでも、どこでも、“好き”を態度に表せます。“2人だけの世界”を作るのが上手く、他人に入る隙を与えないのです。
 
2.本能のままに突き進む
「あの人のこと、好きかも」そう思ったら、あれこれ考える前に行動に移します。自分の直感を信じ、脇目も振らず一直線です。
 
3.甘え上手
「あれが欲しい」「あそこに行きたい」といった要求だけではなく、自分を弱く見せることが得意。強さを強調したい男性にとって、女性の弱さは魅力なのです。
 
4.褒め上手
「凄いね」「さすがだね」のような、男性が喜ぶ言葉のツボを知っています。褒められれば特別視されている気分になり、恋に落ちやすいのです。
 
5.ハート使いが上手い
連絡を取り合うとき、躊躇なくハートの絵文字を多用します。本人はただ気持ちを表す記号として使っているのですが、男性は意識するようになり、勘違いから恋へ発展するのです。

百戦錬磨の勇士

実際、「彼氏いるよ」と適当にかわせば済むことなのですが、それでは余計に悔しい!
 
恋多き女になる必要はありませんが、失敗を恐れず、恋するごとに恋愛上手になる、そんな百戦錬磨の勇士だけは見習ってみても良いのではないでしょうか。この悔しさをバネに、さっそく恋の戦闘態勢に入りましょう!

The following two tabs change content below.
篠塚 茜

篠塚 茜

恋愛テクニックの研究家 恋愛が上手くいくかどうかは、努力次第でどうにでもなります!時には、テクニックを駆使することだって、重要なんです。友だちと会って遊ぶのが大好きで、1人の時間はちょっと苦手。いつもワイワイ楽しく過ごしています。
  • Twitter
  • Facebook