TOP
> カップル > 同棲 > 同棲すると結婚が遅…

同棲すると結婚が遅れるのはなぜ?結婚に結びつく同棲テクニック

【恋愛相談】同棲カップルのプロポーズについて(20代・女性)

同棲中なんですが、結婚の話が全然出ません。同棲をしていると結婚が遅れると聞きますが、実際やっぱりそうなのでしょうか?どうすれば彼は結婚を意識してくれるでしょうか

男性と女性では結婚観が違う!同棲中に彼のマイナスイメージを打ち消そう

同棲中にプロポーズ
 
同棲は結婚に結びつかない、同棲するのは結婚の責任を負いたくないからだ、と、同棲に対する風当たりは強く、特に女性側からは不安や不満の声を多く聞きます。しかし、同棲生活の中で結婚をしっかりとキメるカップルもいるのは事実。長すぎた春にならないための賢い同棲を始めましょう。 

同棲は結婚の練習なのか?

同棲生活は好きな人と一緒に暮らす幸せ感の他に、結婚生活の練習と捉えて始める人がいます。もちろん、それは間違えではありませんが、問題は「本当に練習になっているか」ということです。
 
また、結婚を意識させるために一緒に暮らしてみるという考えは、男性には通じていないこともあります。よほどのことがない限り、若い男性の結婚願望を掻き立てることというのは、非常に困難です。それなら、最初から結婚願望の有無を中心に人選(婚活)した方が手っ取り早いです。
 
そうではなく好きな男性と結婚したい、その過程として同棲を考えるのであれば、女性はある程度のコントロールをする必要があります。

同棲を結婚につなげるために

同棲をうまく結婚につなげるなら、結婚した方がこんなに便利であると彼に知ってもらうことが一番です。男性からしたら、責任を負う結婚は女性のように憧れにはなりにくいものです。
 
さらに、メリットデメリットでものを測りがちな男性に、まだ見ぬ結婚生活はデメリットの方が多く見えてしまいます。一般的な知識から結婚は「束縛」と「小遣い制」の象徴なのです。時間もお金も自由な独身生活に、誰が好んで終止符を打ちたがるでしょうか?
 
このデメリットを打ち消すようなメリットを男性が感じるようにするために、女性もひと頑張りする必要があります。

夫婦そのものを演じてみる

デメリットの方が多くみえる結婚ですが、実は結婚生活の甘いイメージには男性もちょっぴり興味があります。働くバリバリのキャリアウーマンには甚だ時代錯誤なことですが、「エプロン」「手料理」「お帰りなさい」は三種の神器、今も男性の強い願望です。
 
ですから、こうした新婚生活もどきの状態をちょっとベタに具現化してやることで、男性の結婚願望、そこまで行かなくても「結婚も悪くないかも」という気持ちを引っ張り出しましょう。

あえて他人行儀にしてみる

反対に同棲を始めても、一定の距離感を大切にするという難易度の高い技もあります。生活費はきっちり折半。家事も折半です。相手の生活にも自分の生活にも踏み込めないところを作って、クールに。
 
この場合には、最初にそのことを男性にも認識させる必要があります。その際には、「結婚しているわけではないから、一線を引こう」と伝えておきます。「淋しいけど仕方ないよね」と。
 
そもそも女性は、たかが同棲でたかが彼氏なのに、一緒に暮らしているだけで女房気取りでなんでもやってあげたくなります。それが最終的にはうっとおしがられるのです。
 
反対に、彼に「ちょっと物足りないな」と思わせましょう。一緒に暮らしているのに、自分のモノになり切らない女性だからこそ、結婚しなきゃダメだ!と思えるのです。

同棲後の結婚のメリット

同棲を鼻から否定する人もたくさんいます。確かに、男性は同棲してしまうとそれだけで安心してしまうため、結婚が遠くなることもあります。しかし、それ以上にメリットもあるのです。
 
それは無事結婚までたどり着いた時に現れます。同棲していたからこそ、生活してみなきゃ分からなかった相手の癖やこだわり、そしてお互いの意見が違った時の擦り合わせ方を知ることができます。
 
他人同士が一緒に暮らすのですから、誰と結婚したって嫌な部分、合わない部分はあります。しかし、うまく折り合いを付けることで長い人生をともにすることが出来るのです。同棲期間という半分自由であり、家庭の中での立場が固まっていないうちに試行錯誤することで、より柔軟に的確に自分たちの歩み寄りポイントを探すことができるのは大きなメリットですよ。

The following two tabs change content below.
田原 亮介

田原 亮介

カップル博士 カップルが長続きするコツや、楽しいカップルライフについて研究しています。自分の経験に基づいたアドバイスが出来るよう、頑張りますので、よろしくおねがいします。3度の飯より牛丼が好きです。飼い猫に癒される日々を送っています。
  • Twitter
  • Facebook