TOP
> カップル > 遠距離恋愛 > 破綻したカップルか…

破綻したカップルから学ぶ遠距離恋愛成功の秘訣・3つ

【恋愛相談】遠距離恋愛で上手くいくケースって?(20代・女性)

遠距離恋愛は、破綻する確率がすごく高いと思うんですが、逆に上手くいくケースってありますか?もしかしたら遠距離恋愛になるかもしれないんですが、今からダメになりそうだと思っちゃって辛いです。

成功の秘訣を先人から学べ!

遠距離恋愛のコツ
一般的に遠距離恋愛は難しいと言われています。「遠距離恋愛の破綻率はたった○○%」という数字を見ただけで、これから遠距離恋愛をスタートさせる方にとって、不安が増すのではないでしょうか。

 

けれど破綻率は100%ではありません。何年も遠距離恋愛を続けているカップルや、無事に遠距離を乗り越えて結婚にゴールインしているカップルがいるのも事実です。遠距離恋愛を成功させたカップルと、遠距離恋愛によって破綻してしまうカップルを比較すると、決定的に足りないものや、ある特徴があります。

 

相手を安心させようとする配慮が足りない

 

遠距離恋愛が破綻する原因の一つはストレスの蓄積です。離れていると「今、何をしているのか?」に始まり、少し連絡が途絶えると「浮気してない?」など、次々と不安におそわれます。それによって自分の心が疲れてしまうのです。

 

よく「距離の壁を埋めるのはお互いの信頼」と言われていますが、ずっと信頼しあうためには「相手を安心させてあげる」という行為が必要です。つまり、相手に余計な心配をかけない、信頼を裏切るような行為をしないというこの二つを守れば遠距離によるストレスは大幅に軽減できます。

 

遠距離恋愛の欠点ばかりに目が向いてしまう

 

今まではいつも一緒にいるのが当たり前でした。その当たり前が遠距離恋愛によって当たり前ではなくなりました。だからこそ、会える時間が今までよりも特別な時間になるのです。

 

これが遠距離恋愛の欠点と利点です。欠点も利点もワンセットですが、人は欠点ばかりに目が向きがちです。距離の壁というハードルを前にしただけで、「このハードルにつまずくのではないか」、「転ぶのではないか」と、思い描いているとそのとおりになるというのはよくある話しです。少し前に「引き寄せの法則」というのが話題になりましたが、これは遠距離恋愛でも当てはまります。

 

そのため、ほんの少しでもネガティブな気持ちになったら、もっと広い視野で彼との関係を見つめ直してみませんか?「彼と知り合えたことだけでも特別なこと」と思えれば、距離の壁なんて怖くなくなります。

 

新しい環境に惑わされてしまう

 

遠距離恋愛になれば、どちらかの生活環境が大きく変わります。そして、新しい環境で生活が始まると、それまでの人間関係を古臭く感じたり、物足りなくなってしまうことはよくあります。

 

例えば就職を機に、学生時代から交際している彼が子供っぽいと感じるのは、周囲の大人を見て、学生と社会人の違いを感じるからです。自分自身も、社会人一年生という新しい世界に飛び込み、その世界のことしか目に入らなくなるからなおさらです。でもこれは、学生時代の彼が変わったからではありません。

 

もし逆の立場で、彼の環境が大きく変化した場合には、このような事態は多少なりともあると思います。でも生活に余裕が出てくれば、新しい環境に惑わされただけだと気づきますから、心配しなくても大丈夫です。むしろそんな時だからこそ、自分も何か新しいことを始めてみようと、心を切り替えてはいかがでしょうか。いい意味で変化していく絶好の機会ですよ。

The following two tabs change content below.
内村 さやか

内村 さやか

恋のかけひきの研究家 旅行と本が好きで、休日は文庫本片手に電車でふらっと旅に出ます。バーで働いたことがあり、お客さんの話に耳を傾けていたら、色々な恋愛の形を知ることができました。その頃の経験を生かして、恋愛の悩みにアドバイスをしていきます。
  • Twitter
  • Facebook