TOP
> 出会う > 婚活 > 婚活は「根カツ」?…

婚活は「根カツ」?忙しさを理由に離れる結婚

【恋愛相談】婚活ってしなきゃだめ?(30代・女性)

一人の時間が至福の時、一人でも充分に幸せだから、わざわざ大変な思いをしてまで誰かを探すこともないと思います。これって間違ってますか?

今ではなく、未来の自分を想像して

婚活しなきゃダメ?
30代はもちろん、40代を迎えても、独身でバリバリと仕事をする女性が増えました。また男性の方も、ある程度の年まで独りでいると、彼女がほしい願望すら消えるとか?忙しいのは良いことですが、ふと落ち着いた時に誰かの暖かさに触れたくなりませんか?

婚活は手間も時間もかかるから

ネットや結婚相談所など、結婚したい人たちの婚活への道は増えています。しかし、どうしても多くの時間を割くことになるため、忙しさを理由に後回し。
 
結婚相談所では、コーディネーターなどとの度重なる面接。ネットですらプロフィールの記入から始まって、サイト内での交流、連絡先の交換と何段階もの手順を踏んで・・・という風に気長な作業が待っています。メッセージやメールが一日に何十、何百と来て、その処理にもかなりの時間が必要。やっと会ったとしてもメールのイメージと違ったり、中には出会い系のように利用する人など互いの温度差がずれていることも。
 
婚活は生身の人と人の出会いから始まるものだから、時にはこういったトラブルや挫折もあるのは当然。そうした精神的なダメージにも負けないモチベーション維持と根性も必要です。
 
まさに「婚活」ならぬ「根カツ」?根性なくして結婚への道はないようです。こうした駆け引きを楽しめない時は、自然な出会いや今いる人に目を向けると、簡単な出会いもありますから、「根カツ」はちょっとおやすみした方が良さそうです。

プライベートを分かち合えない

忙しい毎日にホッと息をつける暖かな存在である恋人や配偶者は大変ありがたいものですが、それが時に、煩わしさを感じることもあります。頼れる心の支えが欲しい反面、その人にプライベートを邪魔されるという心配も心をよぎります。
 
結婚したくない人たちの中には、一人の時間を楽しむという至福を知ってしまったため、それを守ろうとする人もいます。彼氏や彼女に踏み込まれたくない空間、こっそりと楽しむ趣味は、一人の時間を充実させ、それとともにふたりの時間を阻害するのです。
 
確かにお互いのプライバシーは大切に尊重するものです。しかし、長く一人に慣れてしまうと、相手に尊重されるまでもなく自分自身でガッチリと守りたくなってしまうようです。

結婚が大人に変える

もちろん、結婚やパートナーとの生活が全てではありません。しかし、人は人を育てます。苦労や面倒などのマイナスだって、決して無駄ではありません。結婚で得るものは、一人で得るものよりも大きいことだってあります。
 
結婚すれば一人前、などと言われていたのは、今は昔。ですが、結婚によって育った譲り合いや助け合いの気持ち、我慢は、人生に含蓄を与えます。相手との関係に悩んでふと浮かべる苦笑いにも人間的な深みが生まれます。
 
それは、忙しく働いて得る達成感や名声とは違った、形や言葉を超えたその人自身の魅力となり、大きな財産となることもあるのです。

The following two tabs change content below.
河原 静子

河原 静子

恋愛常識の専門家 学生時代から続けているバレーを筆頭に、身体を動かすことが大好き。最近の趣味は、ジム通いです。恋愛をするうえで必要な常識をアドバイスしています。

カテゴリ :

出会う 婚活

タグ :

  • Twitter
  • Facebook