TOP
> 婚約/結婚 > 婚約 > 結婚を意識している…

結婚を意識している彼の両親と初対面!好印象を与えるための3つの掟

【恋愛相談】彼の両親に初めて会うことになりました(20代・女性)

今度、彼の実家にお邪魔することになりました。彼が私を両親に紹介したいとのことで、うれしいけれど緊張します。良い印象を持ってもらいたいのですが、何を気をつければいいですか?

堂々と胸を張って挨拶にいきましょう

彼の両親にご挨拶
彼が両親に紹介してくれるということは、あなたとのお付き合いが真剣だという証拠です。嬉しいけれど、やはり初対面は緊張してしまいますね。緊張を和らげるには、自分に自信を持つこと!これから、好印象を与えるための3つの掟を紹介します。これさえ予習しておけば、きっと大丈夫です。自信をつけたら、胸を張って会いにいきましょう。
 

掟その1.最低限のマナーは守ること

挨拶はもちろんですが、マナーも大切です。「堅苦しい親じゃないから、そんなに気を遣う必要はないよ」そう彼に言われていたとしても、最低限のマナーは守りましょう。コートは家に入る前に脱ぐ、脱いだ靴は揃える、素足で家に上がらない、勧められるまで座布団には座らない、色々なマナーがあります。
 
全てを完璧にと考えてしまうと、余計に緊張してしまいますし、経験しながらでないと覚えることは難しいと思います。ですが、自分の知っているマナーだけは守るように心がけてください。不安であれば、頭の中で1度デモンストレーションをしてみましょう。その中で疑問が出てきたら、詳しい人に尋ねるなり、マナー本を読むなりして、自信をつけておくと安心ですね。

掟その2.色気は出さないこと

初対面に限らず、色気の出し過ぎは良くありません。私達の息子を色気で誘惑したんじゃないの?なんて疑われてしまう可能性もあります。着て行く洋服を決めるときには、頭を深く下げても胸元が見えない服、座っても下着の見えないスカートなど、しっかりと考えましょう。
 
人は下心がなくても、ちらっと見える洋服の中身には反応してしまうものです。もしも、あなたの胸元を彼の父親が見てしまったとしたら、どうでしょうか。それに気付いた彼の母親は、良い気持ちはしませんよね。彼の母親から嫉妬の対象にされないよう、十分に気を付けましょう。

掟その3.地雷を踏まないこと

温かい家庭に見えても、実際のところは分かりません。幸せそうに見えて、問題を抱えている家庭も多いでしょう。触れてほしくない話題があるかもしれません。そのような話題を振ってしまっては、知らなかったとしても大変なことになります。注意が必要な地雷フレーズがないか、前もって彼に尋ねておくと安心です。
 
「こんな娘がお嫁さんに来てくれたら嬉しいわ」そう言ってもらえるには、とにかく好印象を与えることです。気に入ってもらいたいという気持ちだけでは、空回りしてしまいますよ。そうならないためにも、しっかりと予習しておきましょうね。

The following two tabs change content below.
河原 静子

河原 静子

恋愛常識の専門家 学生時代から続けているバレーを筆頭に、身体を動かすことが大好き。最近の趣味は、ジム通いです。恋愛をするうえで必要な常識をアドバイスしています。

カテゴリ :

婚約 婚約/結婚

タグ :

  • Twitter
  • Facebook