TOP
> カップル > 同棲 > 同棲をスタートする…

同棲をスタートする前に決めておきたい3つのこと

【恋愛相談】同棲をしようと考えています(20代・女性)

彼と同棲をしようと話しています。いつも一緒に居れるメリットがあって嬉しいのですが、デメリットも有ると思うのですが、同棲をするための心構えを教えて下さい。

ルールを決めることは大事!

同棲をスタートする前に決めておきたい3つのこと
同棲と聞くと、ちょっとドラマチックで甘い響きがありますよね。でも実際に同棲をスタートすると、破綻してしまうカップルが多いのです。それは同棲をスタートする時に、きちんと決め事を作らなかったことが原因です。家事の分担や金銭的な負担をどうするのか、これは最低でも同棲前に決めておきたいことです。
 
「いつも一緒にいたい」とか、「彼と離れていると寂しい」という理由だけで同棲に踏み切るのではなく、せっかく愛し合う者同士が一緒に住むのですから、ラブラブな同棲生活を送りたいですよね。そのためには、ただ一緒に暮らすことだけを目的にするのではなく、最初にしっかりと話し合って、二人のルールを作っていきましょう。

同棲によって失うものがあることを覚悟する

いざ一緒に住み始めて「こんなはずじゃなかった」と思うのは、同棲は得るものもあるけど失うものがあることを頭に入れてなかったことが原因です。一緒に住む以上、いつも一緒にいられるわけですから寂しさはなくなりますが、「会いたい」という気持ちやときめきはなくなります。ずっと一緒にいればマンネリ化もあるでしょう。一人の時間もなくなります。
 
こうなることを前提に、どうしたらいいかを事前に話し合っておく必要があります。一人の時間に関しては、部屋数を考えればクリアーできますが、問題は「会いたいという気持ちがなくなる=恋愛感情がなくなった」と錯覚するケースです。これは同棲がうまくいかない理由の一つです。
 
そのマイナス部分を差し引いてもなお、どうしても彼と一緒に住みたいか、同棲する必要があるかを先に話し合っておきましょう。

結婚に向けての同棲であるかどうかを確認しておく

よく同棲をすると婚期が遠のくと言われていますが、それは、明確な目的を作らず、ズルズルと同棲に踏み切ったことが原因です。同棲期間が長くなると、結婚に踏み切るタイミングをつかみづらくなるのは事実です。「すでに一緒に暮らしていれば、後は法的な手続きだけ。それならいつでもできるから」ということで、結婚の必要性が半減します。
 
それにうまく行かなければ法的にはクリーンな状態のまま別れることもできますから、「それなら今のままでいた方が楽」となって、肝心なことが置き去りになってしまいます。そのため、最低でも、「このくらいの期間は一緒に生活をして、その後はきちんと結婚をする」というように、同棲期間のリミットを設けておきましょう。
 
同棲には、メリットだけでなくデメリットも存在します。最初に話し合うべきことは、デメリットについてです。それを補うのは、最終的には二人の愛情しかありません。ぜひステキな同棲生活を送ってくださいね。

The following two tabs change content below.
田原 亮介

田原 亮介

カップル博士 カップルが長続きするコツや、楽しいカップルライフについて研究しています。自分の経験に基づいたアドバイスが出来るよう、頑張りますので、よろしくおねがいします。3度の飯より牛丼が好きです。飼い猫に癒される日々を送っています。

カテゴリ :

カップル 同棲

タグ :

  • Twitter
  • Facebook