TOP
> 恋愛コラム > 恋愛心理学 > 心理学を利用した恋…

心理学を利用した恋愛テクニックを実践する前に考えたい3つのポイント

【恋愛相談】恋愛に役立つ心理テクニックを教えて(20代・女性)

いろんな恋愛テクニックがありますが、それらを上手に役立てるアドバイスをください!恋の駆け引きみたいなのはたくさん知っているんですが、実際に実践するとなると勇気がなかなかでないんです。駆け引きを成功させるコツとかありませんか?

駆け引きの成功にはポイントがある

心理テクニックを使う前のポイント
心理学に基づいた恋愛テクニックといえば「恋の駆け引き術」を思い浮かべる方が多いと思います。メールの回数を工夫する、ボディータッチ、意外性の演出、嫉妬心を引き出すために他の男性の話題を口にする、などなど、恋愛テクニックのノウハウは巷に氾濫しています。

彼のことで頭がいっぱいかどうか?

基本的に恋愛において、駆け引きをしながら恋愛テクニックを駆使するのは悪いことではありません。でも彼だけが全て、彼のことで頭がいっぱいという状態では駆け引きをしてもいい結果は得られません。なぜならこれは「恋は盲目」の状態だからです。
 
駆け引きをするために必要な物は、物事を冷静に見ることができる「目」です。自分に余裕がないのに、余裕のなさをごまかすための駆け引きならしない方が無難です。恋の駆け引き術を学ぶ前にすべきことは、自分が今、駆け引きができないほど余裕がない状態かどうかを考えてみましょう。駆け引きそのものを楽しめるくらいの余裕があってこそ、恋愛テクニックは成功します。

彼との距離感はどうか?

恋に駆け引きが必要か否かについて何かと話題になりますが、本当に長続きするカップルは、駆け引きをしていません。ごく自然体で付き合っているので駆け引きを必要としないのです。心の距離感のバランスが良い状態なのに、必要としない駆け引きを実践すればマイナスの結果に終わる可能性があります。
 
駆け引きが有効なのはベストな距離感がある場合です。距離感がありすぎる状態で駆け引きをしても、「気まぐれ」とか「何を考えているのかわからない」と思われてしまうので、ベストな距離感を把握しましょう。
 
ではベストな距離感をどのように察知したら良いのでしょうか。あと一歩で彼と付き合えるという段階です。脈アリサインをしっかりと感じているのに、なぜかきちんと告白してくれないという時がベストです。

失敗しないテクニックを考える

とはいえ、彼との距離感を計るとか、自分に余裕を持つというのは、言うは容易く、実際には難しいと思います。それならどんな状態においても失敗する可能性が低い恋愛テクニックを実践した方がいい結果につながります。
 
それは何かと言えば、彼の目を見て会話をすることです。基本中の基本でありながら、意外とできてないのがこれです。
 
あなた自身、どんな時でも相手が誰でも、常に相手の目を見て会話をしていますか?街を歩くカップルも、しっかりと見つめ合いながら会話をしている人は意外と少ないですよ。
 
これは癖みたいなもので、いつも視線をそらしながら会話をする人は相手が誰でもそうします。とりあえず相手に顔を向けているけど、しっかり目を見て会話しているのではなく、口元を見ていることが多いのです。それは、相手の目を見るというのは意外と勇気がいることだからです。
 
でも相手の目を見て会話をする癖をつけてしまえば「目は口ほどに物を言う」という素晴らしい結果を得ることができるので、実践する価値は大です。
 
こうして考えてみると、恋愛テクニックに一番必要なのは相手と真剣に向き合う気持ちではないでしょうか。それが視線に表れます。難易度が高いテクニックに挑戦するより、最初はリスクの少ない基本中の基本とされる方法を実践してみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
宮本 里穂

宮本 里穂

恋愛心理学の専門家 恋愛心理学を専門に、社会心理学なども勉強しています。お酒を飲むことと、音楽を聴くことが好きです。心理学を基にして、実践的なアドバイスをすることを心がけています。
  • Twitter
  • Facebook