TOP
> 婚約/結婚 > 婚約 > 逆プロポーズを成功…

逆プロポーズを成功させる3つのタイミング

【恋愛相談】女性からのプロポーズについて(30代・女性)

彼がなかなかプロポーズをしてくれません。でも、最近は女性からプロポーズをする逆プロポーズも普通だとききました。そこで、私から彼にプロポーズをしようかと考えています。なにか注意することとかはありますか?

逆プロポーズ、有です!

逆プロポーズのタイミング
草食系男子が増えたことで、「男性はこうあるべき」という意識が薄れつつあります。一方女性側も、「女性だからこれをしてはいけない」ということも減っています。
 
少し前なら「プロポーズは男性がすべきもの」と思われていましたが、最近は「逆プロポーズ」という言葉も認知されています。逆プロポーズとは女性からプロポーズをすることを意味しますが、女性からのプロポーズは、もちろんアリです。男女だからどうというのでなく、結婚をしたいと思った側が素直にその気持ちを表現すれば良いのです。
 
ただし多くの男性は保守的な考え方をするので、そこは彼との駆け引きも必要になります。彼の状況も考えずに、ただ自分が結婚をしたいからと、自分の都合だけで逆プロポーズをすれば良いというものではありません。彼が結婚を意識するタイミングを見極め、それに合わせて行動をしていきましょう。

男性が自分の年齢を意識し始めた時

男性の結婚平均年齢は30歳を超えています。男性の30歳はまだ十分若いのですが、人生設計を考えると一つのターニングポイントになります。
 
今から結婚をして、出産や子供にかかる教育費はもちろんのこと、マイホームをどうするのか?マイホームを購入したらローンはどうするのか?支払いが終わると、自分は何歳になっているのか?現代においては、老後の不安も早くから感じるはずです。
 
そんな人生設計を漠然と考え始めるのが30歳です。これは20代の頃にはあまり真剣に考えることはないと思いますが、男性も30歳という節目に差し掛かると、将来について考えるのです。
 
そのような話が出た時が逆プロポーズのチャンスです。あまりに現実的でロマンがないと思いますが、逆プロポーズと言っても、女性は口火を切るだけでいいのです。最後の一言は、男性にビシッと決めてもらいましょう。

体調を崩した時や気持ちが落ち込んでいる時

彼が体調を崩して寝込んでいる時は、女性の献身的な看病はとても心に響きます。体調を崩している時は、なんとなく心細いもの。「ナイチンゲール症候群」という言葉もあるように、これは立派な心理作戦です。
 
また、彼が仕事の悩みや人間関係の悩みを抱えている時も同様です。このような状態の時は、逆プロポーズのチャンスではありませんが、彼に結婚を意識させる絶好のチャンスです。

周囲の環境の変化

社会人である限り、人は常に周囲の変化にさらされて生きています。その流れにうまく便乗して逆プロポーズを成功させてみませんか?例えば彼の転勤や引っ越し、友人の結婚などは最大のチャンスです。
 
いかがでしょうか。草食系男子の唯一の難点は、傷つくことを恐れてなかなか行動に移さないことです。結婚を意識させると同時に、彼に覚悟と自信を持たせてあげましょうね。

The following two tabs change content below.
宮本 里穂

宮本 里穂

恋愛心理学の専門家 恋愛心理学を専門に、社会心理学なども勉強しています。お酒を飲むことと、音楽を聴くことが好きです。心理学を基にして、実践的なアドバイスをすることを心がけています。
  • Twitter
  • Facebook