TOP
> カップル > デート > 初デートを成功させ…

初デートを成功させる3つの心構え

【恋愛相談】人生初のデートで緊張しています(10代・女性)

大学に入って半年、好きな人ができました。そこでだんだん仲良くなって、ついに初デートすることになりそうです。ですが、恋愛経験がほとんどなくて、初デートってどうすればいいのか分からなくて緊張しています。何か気をつけたほうがいいことはありますか?

また会いたいと思わせるコツ

初デートのコツ
お目当ての彼とのドキドキの初デート、二度目、三度目があるかないかは初デートにかかっていますので、ぜひ成功させたいですよね。初デートといえばまだ仲良くなりはじめの頃で、これからお互いのことを知っていく状態です。「また次も会いたい」と思わせるためにはいくつかのポイントを抑える必要があります。

初デートでモノを言うのは見た目

「女性はルックスではない、性格だ」と言うのは、少し語弊があります。男性の本音として、まずは第一印象や見た目が好みなら、次に「恋人としてどうか」「結婚相手としてどうか」という具合に、内面や性格をチェックするという順番になります。最終的には二人の相性がモノを言いますが、まだその前の段階である初デートでは、最初のワンショットがモノを言います。
 
そのため、初デートこそおしゃれに気を使い、見た目でイイ女と認識させることが次のデートにつなげるための必須項目です。と言ってもブランド服にこだわったり、流行の最先端を追うような姿勢はむしろ逆効果で、清潔感の中にさりげなくトレンドを取り入れる程度の控えめなセンスが好感度をアップさせます。
 
「恋をすると女性はきれいになる」というのは、彼のために外見に気を使い、おしゃれをするようになるからです。何の努力もせずに、ただ思い続けていれば、彼に思いは届くなんて大間違いです。女性である限り、美しくなるための努力だけは続けていきましょう。それこそが女性の特権です。男性だって、自分のために美しくなろうと努力する女性を愛おしく思うはずです。
 
服装に迷ったら、朝のニュース番組を見ると参考になりますよ。民放の女子アナのファッションは、清潔感があって知的です。しかもトレンドはしっかりと抑えています。

年収や学歴などの話題はオブラートに包んで

初デートの彼が古くからの友達で学校が同じであるとか、職場が一緒という関係なら問題はないのですが、友人の紹介で知り合ったとか、合コンで知り合ったといった男性との初デートでの話題には少し注意が必要です。
 
学歴や年収は男性にとって社会的なステージを決定づけるという意識があり、女性とってもまた、好みの男性を決める条件として少なからず意識するものです。それを男性側も知っているからこそ、自信のない男性はそのような話題を避けようとします。もし彼の年収が知りたいと思ったら、社名だけを聞いて後はネットで調べたり、学歴のことが知りたければ学生時代のサークルなど、話題の投げかけ方に工夫をしてみてください。あけすけな質問はしないのが彼に対する配慮です。

デートプランを彼任せにはしない

デートは二人でするものです。男性がエスコートしてリードするのは当たり前という考えは捨て、どうしたら一緒に樂しむことができるかという意識で参加しましょう。つまり受け身ではなく、積極的に参加し、二人のデートを一緒に作り上げるという意識です。
 
「どこに行く?」「どこでもいい?」ではなく、自分からも提案してこそ楽しいデートが成立します。もちろん彼だって初デートだからあれこれとプランは練っているはずです。大まかなコースを彼が決めるなら、その場所について調べて話題を提供するというのでもいいのですよ。「私もとても楽しみにしていました」という姿勢を彼に伝えることがたいせつです。
 
初デートは緊張してなかなかお互いのことを見極めるまでには至りません。だからこそ、全体的な好感度アップが次のデートへの片道切符です。ぜひ参考になさってくださいね。

The following two tabs change content below.
内村 さやか

内村 さやか

恋のかけひきの研究家 旅行と本が好きで、休日は文庫本片手に電車でふらっと旅に出ます。バーで働いたことがあり、お客さんの話に耳を傾けていたら、色々な恋愛の形を知ることができました。その頃の経験を生かして、恋愛の悩みにアドバイスをしていきます。
  • Twitter
  • Facebook