TOP
> 恋愛コラム > 男女の心理 > 紛らわしいにもほど…

紛らわしいにもほどがある!勘違いしがちな脈アリサイン

【恋愛相談】これって脈アリですか?(20代・女性)

気になっている男性の行動が、もしかして脈アリなの?と思えるんです。連絡はまめだし、飲みにもよく誘われます。でも、勘違いだったら恥ずかしいし、はやまって告白してダメだったら気まずくなってしまうのが辛いです。男性の行動で、一見脈アリっぽいけど勘違いだったりするような行動って、どんなものですか?

勘違いするまえに覚えておきたい

思わせぶりな男性
もしかして脈アリ?と思うような態度をとられると、それまで意識してなかった男性に対してもドキドキしてしまうものです。けれどそれが単なる勘違いだったと後でわかったらどうでしょう。間に受けて恥をかかなくて良かったと思う反面、少しがっかりしますよね。勘違いしやすい脈アリサインとはどんなものでしょうか。その代表的なものをご紹介します。

頻繁にメールが来たとしても脈アリとは限らない

突然毎日のように決まった時間にメールが来るようになると「脈アリ?」と期待してしまうものです。ましてそれがどうしても必要な連絡事項ではなく、たあいのない用件であればなおさらです。一般的に男性はメールに関しては無精である、用件のみしか伝えてこないという固定観念がありますが、男性の中にもマメにメールをしてくる人はいます。メールのやり取りそのものを楽しみたいだけというのがその理由です。そんな男性がメールの相手に選ぶのは同性ではなく女性です。男性同士だとたわいのない内容のやり取りができないことを誰よりもよく知っているからです。つまりメールの相手をしてくれそうな相手なら誰でもいいという本音がここにあります。
 
見極め方としては、具体的な誘いがなく、脈絡のないメールの文面だけが延々と続くなら、メールのやり取りを楽しみたいだけと考えた方が無難です。
 
またあなたのお誕生日にお祝いメールが来たらどうでしょうか。自分の誕生日を覚えていてくれたと悪い気はしませんよね。でも本当に脈アリなら、お祝いメールだけでなく、プレゼントを贈られたり誕生日だから食事をしようなどのアプローチがあるはずです。それがなければ儀礼的な気遣いと受け止め、少し様子見にしておくことをおすすめします。

誘ってくれたとしても本命は友達ということもある

「今度みんなで食事をしよう」とか「みんなで飲みに行こう」と誘われるとつい舞い上がってしまうものです。でもそれもちょっと考えた方がいいですね。なぜ“みんな”であって”二人だけ”ではないのでしょう。
 
こんな場合、後でよくよく考えたら自分の友達がお目当てだったというケースがあります。好きな女性のことなら、誰が親友なのかくらいは調べています。本命を直接誘う勇気はないけど、その親友であるあなたに声をかければ、本命の彼女がもれなくついてくると計算した上で”みんなで”と言っているのです。当て馬にされないためにも「みんなでではなく、二人ならOKよ」と言って彼の反応を見ましょう。

彼女と別れたと打ち明けられても脈アリとは限らない

別れた彼女の話をされるとドキっとしますよね。次の恋のお相手に私が選ばれた?と勘違いしますが、そんな時の男性心理とは、単純に心の穴を埋めたいだけということが多々あります。つまり誰でもいいから女性と一緒にいたいという寂しさから沸き起こる感情です。
 
男女共に言えることですが、寂しさの穴埋めで発生した恋愛は長続きしません。例えば病気で入院して心細くなっている時にドクターがステキに見えるけど、病気が治ればケロッと忘れるのと似ています。失恋直後は誰でも心が病んでいると考えましょう。彼の心が健全になってからあなたを誘ってきたなら脈アリですが、そうでない状態ならナイチンゲールの精神で彼に向き合ってあげましょう。
 
いかがでしょうか。男性の中には意図的なのか無意識なのかは別としても、思わせぶりな態度を取る人もいます。大人社会には社交辞令という面倒くさいものがありますが、恋愛のシーンにおいても同じことが言えます。勘違いしやすい脈アリサインの見極め方を身につければ、社交辞令には社交辞令で返せますし、不要な期待を抱かなくて済むようになります。それによって人間関係を損なわない処世術も身につけられます。頭の中のどこか一つでもいいですから、別の見方をするもう一つの目を養っていきましょうね。

The following two tabs change content below.
植松 了

植松 了

恋愛心理学博士 趣味は人間観察。心理学は面白い学問だと思います。知的好奇心が強いと自負。人の心は計り知れない可能性を持っていて、興味が尽きない。深層心理をみて、問題解決の糸口を提案出来ればと思っています。
  • Twitter
  • Facebook