TOP
> カップル > 喧嘩 > 彼とケンカしたとき…

彼とケンカしたとき、上手に仲直りするテクニック

【恋愛相談】彼氏と仲直りする方法を教えて(20代・女性)

彼氏とよく喧嘩になるんですが、いつも仲直りするのに時間がかかります。私だけが悪いわけではないのに、いつも自分が折れているのが辛いです。なんとかうまく仲直りする方法はありませんか?

どうする?彼氏とケンカをしてしまった時

ケンカの仲直り方法
大好きな彼とケンカをしてしまった。正直、自分は悪くないと思っている。でも彼氏は折れそうにありません。この状況をなんとかしたい…そんな時どうしていますか?

関係をどうしたいのか、考えてみる

まずは今後2人のお付き合いをどうしたいのか、真剣に考えましょう。どうなっても良いのであれば、感情にまかせてスッキリするのも良いのかもしれませんが、これからも仲良くするつもりならば、ケンカを必要以上に長引かせるのはよくありません。どこかでケンカを終わりにしないといけないのです。

先に折れてしまった方が勝ち

収まりがきかなくて、相手も仲直りのキッカケを探しているかもしれません。関係がこじれる前に先に折れてしまいましょう。『私は悪くないのに!』といった思いもあるでしょうが、仲直りを優先させるのであれば、先に折れてしまった方が勝ちです。
 
ケンカを振り返ってみて、原因が相手だったり、相手が悪かった場合でも、こちらにもケンカに発展させてしまった理由があったと見るべきです。思い当たる部分があれば、“そこだけ”謝ることはできるはずです。相手の悪態に関してちょっと意地悪く言った、とかそういうことでも構いません。ケンカの原因には触れず「今のはちょっと態度悪かったね、ゴメンね」とかそれだけでも効果はあります。
 
ここで相手が「それみたことか、悪いのはそっちだ」と返してきたら、まだ仲直りのタイミングではありません。しばらく時間を置くのがいいでしょう。

気持ちを伝えるときは“私”が主語の伝え方をする

「あなた(彼氏)が××だから!」と相手を責めることはやめましょう。相手の状態を全く受けとめず、自分の気持ちだけぶつけるようなものです。正論でも相手を追い詰めるだけです。「ケンカの原因があって、私は悲しかったの」というような、私は~という伝え方をしましょう。相手の起こした行動で、あなたがどういう気持ちを持ってしまったか、という事実だけがきちんと伝わればよいのです。“私”を主語にした気持ちの伝え方は、相手も素直に受け止めやすく、不要なわだかまりをもたなくて済みます。
 
後は仲直りしたい気持ちも伝われば、これ以上できることはあまりありません。お互い気持ちが落ち着くまで、ゆっくり時間をとるのがよいでしょう。
 
大好きな人とのケンカは本当にツラいですよね。お互いに譲れないトコロをなんとかすり合わせしながらやって行くのがお付き合いです。ケンカはしないに越したことはありませんが、雨降って地固まるという場合もあります。うまく仲直りを出来るようになりましょう。

The following two tabs change content below.
宮本 里穂

宮本 里穂

恋愛心理学の専門家 恋愛心理学を専門に、社会心理学なども勉強しています。お酒を飲むことと、音楽を聴くことが好きです。心理学を基にして、実践的なアドバイスをすることを心がけています。
  • Twitter
  • Facebook