TOP
> 失恋/復縁 > 失恋 > 元カレを忘れるため…

元カレを忘れるために実践したい3つのこと

【恋愛相談】元カレが忘れられない(30代・女性)

別れた元カレが忘れられません。あの人よりも良い人はもう現れないと思うくらい、素敵な人でした。でも、彼は別の人と今はお付き合いしているそうで、復縁も望めません。略奪したいわけではなく、彼には幸せになって欲しいと思っています。だけど、それでも私はあの人が好きで、なかなか前に進めないんです。新しい恋でもすれば、元カレへの未練を忘れることってできるんでしょうか?

別れた彼を忘れるためにすべき3つのこと

元カレを忘れる
 
失恋とは、文字通り恋を失うことです。真剣に愛すれば愛するほど失恋の痛手は大きく、心に深い傷跡を残します。相手にまだ愛情が残っている状態で別れたのならなおのこと、別れた後悔と元カレに対する未練で頭がいっぱいになり「あの人以上の恋人はもう現れない」「新しい恋なんてもう無理」と、断ち切れない思いに悶え、苦しみます。
 
どうしたら別れた彼のことを忘れることができるのでしょうか。そのためには何をすべきでしょうか。

忘れようとする努力がたいせつ

彼と出会って恋に落ち、そしてその恋が終わったことは事実です。事実である以上、彼との全てを忘れることはできません。でも人は全てを忘れることができない代わりに、一生全てを覚えていることもできないのです。なぜなら人の脳は、辛いことを忘れていくようにできているからです。
 
一般的に「失恋の傷を癒すには、新しい恋を見つけるのが一番」と言われています。でもここにも注意が必要で、新しい恋を「好きな人ができたら忘れることができる」「この人なら元カレを忘れさせてくれるかもしれない」という気持ちでスタートすべきではありません。これは受身の姿勢で、いわば依存です。別の相手はあくまでも別の相手でしなかく、心の中に元カレがまだいる以上、心のどこかで比べてしまいます。その結果、いつまでも元カレを引きずってしまい、傷の治りを遅らせるという悪循環に陥ります。
 
たいせつなのは、失恋の辛さを別の相手で紛らそうと考えるのではなく、あなた自身が前向きに元カレを忘れようとする努力をし続けることです。前の恋をきっちりと終わらせてから新しい恋を始めることが新しい恋の成功率を高める秘訣でもあります。

携帯のアドレス、番号を変える

「携帯の番号やアドレスを残しておけば、いつか彼から連絡が来るかもしれない」そう思っている限り、心のどこかで元カレからの連絡を待ち続ける生活になってしまいます。別れてまでも待ち続ける受身の生活には自らピリオドを打ちましょう。
 
忘れるためには彼との連絡ができないような環境を作ることです。自分の携帯番号とアドレスを変え、そして彼のアドレスも削除しましょう。
 
連絡ができないようにするために、引越しをして心機一転を図る女性もいます。お金に余裕あればそれもいいでしょう。でもそんな余裕がなければ携帯の引越しだけでも十分です。

時間をみかたにつける

失恋という辛い思いは永遠に続くものではありません。失恋をしたら辛いのは当たり前ですが、時が解決するのを待つしかないのです。時間という薬はすぐに効くという即効性はありませんが、気がついたら効いていたという漢方薬のような存在です。その効能を信じましょう。その上で彼と過ごしていた時間の使い方についても考えてみましょう。
 
今までなら24時間彼のために使っていた時間が失恋によってぽっかりと空いてしまいます。その時間を今度は自分のために使いましょう。仕事を余計に入れたり、友達と遊ぶ時間を増やしたり、中断していた習い事を再開したりなど、できるだけ体を動かし、忙しく過ごすことがたいせつです。それに慣れていくと、以前は彼のことばかり考えていた自分が、少しずつ彼のことを考えなくなっていることに気づきます。その気づきが大切で、やがて自信につながっていきます。
 
いかがでしょう。恋を始めたのもあなた自身ですから、終わらせるのもあなた自身です。始めるエネルギーより終わらせるエネルギーの方が心身を消耗するのは事実ですが、辛いことを乗り越えた後には「一生を託せる相手に出会える」というご褒美が必ず待っています。それを信じてどんなに小さなことでもいいですから、忘れるための行動を起こしましょう。

The following two tabs change content below.
越智 祐子

越智 祐子

別れと失恋のアドバイザー別れ話のアドバイザー 恋愛に別れは付きものです。私は、数多くの恋人の別れを見守ってきました。別れは決して終わりではありません。新しい自分のはじまりです。微力ながら、「次へ繋げるための別れ」をサポートしていきます。趣味は絵画鑑賞、美術館巡り。

カテゴリ :

失恋 失恋/復縁

タグ :

  • Twitter
  • Facebook