TOP
> 恋愛コラム > 恋愛心理学 > 超簡単!男の本音を…

超簡単!男の本音を見抜く心理テクニック

【恋愛相談】付き合いたての彼のホンネが知りたい(20代・女性)

付き合いはじめたばかりの彼が、不満を内に溜め込む人みたいで心配です。彼の考えていることが分かりません。彼の本音を上手く聞き出す方法ってありますか?

本音を読み取るコツを覚えよう

超簡単に男の本音を見抜く
相手の考えていることが分かったら、本音を知ることが出来たら……。そう考えたことのある人は少なくないはず。でも、一体どうやって?実は、結構簡単に本音を知ることができる方法があるんです。
 
本音の見分け方の中でも、特に実践しやすい簡単なものを紹介します。

表情から読み取る

何かを問いかけたとき、その人の表情は本音を雄弁に語ります。そうはいっても、ポーカーフェイスや愛想笑いが上手い人もいるので、表情からうまく本心を導き出すには少しコツが必要です。
 
実は、人の表情は顔の左右で異なることが多々あります。右側は笑っていて、左側は無表情、というようにちぐはぐになった状態です。どうしてそんなことになるかというと、右半分が左脳、左半分が右脳の影響を受けているためです。
 
右脳の影響を受ける顔の左側は、素直な感情が出やすくなります。そのため、顔の左側を見ることで本心を見抜くことができるのです。一見笑っているようでも、左側の目や口元が笑っていなければ、心の底では不満を感じています。何か重要な問いかけをするときは、相手の顔の左半分をよく観察してみてください。

たとえ話は本音を引き出しやすい

現実的な問いかけよりも、たとえ話をする方が本音をポロッとこぼしやすいです。現実に直結した質問には、YES/NOを反射で答えることができます。しかし、たとえ話はいわゆる一種のファンタジーです。現実とは別の切り口なので、思わぬ本音を聞くことが出来たりするわけです。
 
相手が自分を本当に好きなのか不安になった時、「好き?」と聞けば普通「うん」と返ってくるでしょう。しかし、それが本心か分からなければモヤモヤは晴れません。そこで、たとえ話の出番です。「もし明日世界が滅ぶなら何をする?」というような、突拍子もない質問をしてみてください。「無人島に一人だけ連れて行けるなら誰を連れて行く?」でも良いです。
 
もちろん、その答えにあなたの名前が出るとは限りません。そして、名前が出なかったら愛情がないということでもありません。たとえ話に気が緩んだのを利用して、そこから知りたいことを質問していくのです。むしろ、こういった質問で恋人の名前を即答する方が不自然です。質問にじっくり考えて答えを出してくれるなら、それだけ真剣に話を聞いて向き合ってくれているということでもありますからね。

声のトーンで判断する

最後に、声で本心かどうかを判断する方法です。高い声、低い声、そういった声の高さで判断するわけではありません。どちらかといえば、声の「トーン」と、話し方です。
 
基本的に、声のトーンは直観的に判断することが、最も相手の本心を突くのに有効です。今の言い方は嘘っぽい、今の声は引きつってた、そういった分かりやすい判別方法もそうです。それだけでなく、「なんとなく今の本心じゃない気がする」と声を聞いて感じたなら、その直感は当たっている確立が高いです。
 
表情や話の内容はなんとか繕えても、声のトーンまで調整できる人はなかなかいません。そもそも人は普段から、声で様々な感情を判断しています。その判断力は、なかなか誤魔化しきれるものではないのです。

本当のことは本人すら分からないかも?

ここまで、3つの本心の見分け方を紹介しました。しかし、実際に問い詰めたら認めない、嘘をついている風でもない、ということもあるでしょう。それは、本人すら本心に気がついていない可能性があります。
 
深層心理を利用して本心を探っているので、本人は無意識の場合があるわけです。本当の意味で本心を知るということは、とても難しいことです。自分で感じたことだけを鵜呑みにせず、極力相手の言葉は信じてみてください。どうしてもその言葉が嘘っぽく感じられたり、顔がこわばっていた時に、はじめて「あれ?」と思えばいいのです。
 
はじめから本音を引き出そうとしていると、大切な感情を見落としてしまいかねません。直感が「なにかおかしい」と告げるまでは信じている方が相手にとっても自分にとっても良い関係を築く上でプラスになりますよ。

The following two tabs change content below.
遠野 もみじ

遠野 もみじ

恋愛心理学の専門家 心理学の知識と、豊富な恋愛経験を生かして、恋愛アドバイザーとして活動中。好きなことは読書で、読書をはじめると、つい時間を忘れて夢中になってしまいます。
  • Twitter
  • Facebook