TOP
> 恋愛コラム > 恋愛心理学 > いつも同じタイプの…

いつも同じタイプの人ばかり好きになってしまうメカニズムとは?

【恋愛相談】いつも同じタイプの男性を好きになってしまいます。(20代・女性)

決して恋愛豊富ではない私ですが、今までの恋愛で不思議に思っていることがあります。それは何度失敗しても、結局同じタイプの男性を好きになってしまうということです。いつも優しそうな人に惹かれます。優しいといっても、男らしくていざという時には決断力のある人がいいなと思っています。思っているんですが、結局、優しいことは優しいけれど、あまり頼りにならない優柔不断な人とつきあってしまうんです。同じタイプとしか恋愛できないんでしょうか。なぜ、今度こそはと思っても、結局同じタイプの人と恋愛してしまうのでしょうか。

 

運命を感じる条件は変わらない

いつも同じタイプの人ばかり好きになるのはなぜ?
 
ある条件が揃うと、人は人に惹かれます。それは、相手に共感することです。相手が自分と同じ側面を持っていることを知った時、人はその人に親近感を持ちます。その親近感が、恋愛感情を生み出すのです。
 
自分自身の性格が、大人になってからもコロコロ変わるという人はほとんどいないでしょう。そのため、自分が共感を得るタイプも、そう簡単には変わりません。相手を理解できたと感じるのは、その相手に近付いた証拠です。そして、その近付いたという感覚は、恋愛感情において重要な役割を果たします。
 
自分が好きなものを、相手も好きだと分かったとき。また、その好きなものが、少し珍しいものだったとき。そういった偶然が、運命のようなものを感じさせます。そういった意味でも、やはり同じような嗜好の人に惹かれる傾向がありますし、その結果、同じような性格の人を好きになるのはままあることでしょう。 

恋愛心理学の専門家:宮本 里穂

好きになる人は、自分が求めているものを持っている

同じようなタイプの人ばかり好きになる、というのは誰にでもあることです。毎回全然違うタイプを好きになる人の方が珍しいのです。相手に惹かれるのには、惹かれるだけの理由があります。それは、自分と似たタイプだったり、全く反対のタイプだったりと、何かしら基準があるのです。その基準に収まる人が自分のタイプの人であり、自然と惹かれます。
 
同じタイプの人とばかり恋愛をするのは、何も悪いことではありません。もし、過去の恋愛で失敗をしてしまったとしても、同じタイプの人と付き合う中で、同じ失敗を避けることができます。失敗を糧に成長していくということを考えると、毎回別のタイプの人を好きになるよりも遙かに効率的です。
 
それに、好きになるのにはそれなりの理由があるので、好きになるタイプは「今、自分が求めているものをもっている」ということです。穏やか、優しい、優柔不断、それらの要素は、自分自身が欲しているものでもあるのでしょう。そして、自分自身が持っている要素でもあります。一緒にいて気が楽なタイプを自然と選んでいるのでしょう。付き合いやすい人と付き合うことは、付き合いを長続きさせる上でも重要です。自信を持てるように、自分の異性を見る目を磨けるとベストです。 

自信付けのアドバイザー:鈴木 瞬
The following two tabs change content below.
恋愛カウンセル編集部
恋愛カウンセル編集部 あらゆる恋の悩みを解決に導く、「恋愛カウンセル」の編集部です。「恋愛カウンセル」編集部では、読者の皆さんの、恋のお悩みを募集しています。恋愛相談のプロフェッショナルが、皆さんから寄せられた悩みをズバッと解決!
  • Twitter
  • Facebook