TOP
> 片想い > 恋愛ベタ > 話し上手になりたい…

話し上手になりたい!異性と上手に話すための3つのコツ

【恋愛相談】異性の前で緊張してしまい、上手く話せない(20代・女性)

学生時代から、好きな人の前では緊張して上手く話せません。元々奥手な方なので、異性と話すのも苦手です。意識してしまうと、目が合うだけで自分の気持ちがバレているんじゃないかと不安になってしまい、緊張してしまいます。こんな自分の性格がコンプレックスになっていて、今まで恋人が出来たこともなく、自分には一生恋人が出来ないのではないかと心配です。何度か告白を受けたことはありますが、そういうときも意識してしまって、上手く返せず、結局有耶無耶になってしまいます。どうしたら、緊張しないで好きな人と喋ったり、付き合ったりできるのでしょうか?

一番大切なのは、自分に自信を持つこと

異性の前で緊張してしまい、上手く話せない 
好きな人の前では緊張して上手く話せない。これは決して珍しいことではなく、誰でも多少なり、好きな人の前では緊張するものです。特別に想う相手だからこそ、よく思われたいと思うのは当然のこと。何もおかしなことではありません。
 
でも、緊張のあまり異性と関わるきっかけを失ってしまうのは、あまりにもったいないですよね。好きな人の前で、過度に緊張してしまうのは、自信のなさの表れです。ありのままの自分を見せることに抵抗があり、好きな人にどう思われるかを気にしすぎるあまり、緊張して上手く振る舞えなくなってしまうのです。
 
では、どうしたら気楽に構えることができるのか。1番効果的なのは、自分に自信を持つことです。好きな人にふさわしい自分であると思えれば、自然と緊張は和らぎます。そうはいっても、自信を持つというのは一朝一夕でどうにかなることでもありません。
 
まずは、自分を好きになって下さい。イメージトレーニングをしてみるのです。夜、寝る前に、目を瞑って、自分の良いところを挙げてみてください。そして、理想の自分を思い描いてみてください。「こうなりたい!」と強く想うこと、また少しでも近づけたら自分を褒めること。イメージの中で、好きな人と軽口を言い合うところを想像しましょう。自然とイメージが沸くようになれば、それだけ自信に繋がります。自分に自信を持って下さい。それが、異性と上手くコミュニケーションをとるための、一番簡単で、一番素晴らしい方法です。 
 

恋愛心理学の専門家:宮本 里穂

 

「私なんかが」と自分を卑下しないで

まず、1つ質問をさせてください。自分のことが、好きですか?心のどこかで、自分のことを卑下してはいませんか?
 
もし、「私なんかが異性と話すなんて」という気持ちが少しでもあるのなら、まずはその根拠のない自分への中傷をやめることからはじめましょう。「私なんかが」という枕詞を使うのが癖になってはいませんか?誰も、自分自身でさえも、故意に自分を貶める必要はないのです。
 
自分を好きになることが、胸を張って異性と付き合っていくためには、大切です。自信があれば、不安になることもなく、緊張することもほとんどなくなります。
 
自信を持つためには、成功体験が重要です。何かを成功する実感は、自信の裏付けになります。出来るだけ積極的に、異性と話をしてみましょう。緊張して上手く話せなくてもいいのです。話をしてみる、という挑戦が出来たら、それだけでプラスの成功体験になります。話をする、という行動に挑戦できたら、自分を褒めてください。頑張った自分を認めてあげてください。そうして少しずつ自信を培っていけば、だんだんと緊張することもなくなります。 
 

自信付けのアドバイザー:鈴木 瞬

 

深呼吸して落ち着きましょう。

恋愛が苦手な人が持つ共通の悩みが、異性と上手く接することが出来ない、というコミュニケーション面の悩みです。異性と接するときに緊張してしまうのは、慣れないことだからではないでしょうか。普段あまり異性と接してこなかった人ほど、大人になってから慣れないことをするのに緊張してしまいます。
 
また、自分にコンプレックスがある人ほど、異性と話すのが苦手です。特に、外見にコンプレックスを持っている場合が、1番顕著に現れます。そして、普段とは違う状況になったとき、パニックを起こしやすい。イレギュラーには、誰でもテンパってしまうものです。
 
まず、緊張したり、パニックになってしまったら、深呼吸して落ち着きましょう。別に特別なことだと意識する必要はありません。例えば、父親や男兄弟と話すところを想像します。それと、何も代わりがない、ただの日常の一コマと認識してみてください。異性だから、と無条件で構えてしまうのが1番緊張を増幅させてしまいます。落ち着いて、きわめて冷静に話すように心がけましょう。普通に会話が出来るようになれば、自然と自信もついてきます。苦手意識を持ちすぎることが、かえって自分の首を絞めることになりかねません。落ち着いて、相手を女友だちだと思うくらいのテンションで話してみてください。 
 

恋愛下手のアドバイザー:戸塚 由希子
The following two tabs change content below.
恋愛カウンセル編集部
恋愛カウンセル編集部 あらゆる恋の悩みを解決に導く、「恋愛カウンセル」の編集部です。「恋愛カウンセル」編集部では、読者の皆さんの、恋のお悩みを募集しています。恋愛相談のプロフェッショナルが、皆さんから寄せられた悩みをズバッと解決!
  • Twitter
  • Facebook