TOP
> 婚約/結婚 > 結婚式 > 女性の夢がたっぷり…

女性の夢がたっぷり詰まった、妄想結婚式のススメ

【恋愛相談】結婚式を妄想するのはおかしいですか?(20代・女性)

まだ付き合っている相手と結婚の話は出ていないのですが、私はこの人しかいない!と思っています。そう感じだしてから、よく結婚式のことを妄想してしまいます。こんな風な結婚式がやりたいなあ、というものから、実際に結婚式をする想像をして楽しむ日々です。気付いたら結婚式の妄想ばかりしているのですが、まだ決まってもないのに妄想するのはおかしいですか?

結婚式の妄想は本番の練習だと思え!

妄想結婚式のススメ

結婚を意識したら大体通る道

そろそろこの人と結婚するのかな、と思い始めたら多くの人がはじめるのが結婚式の妄想です。妄想好きな人に男も女も関係ありませんが、大体結婚式のあれこれを妄想するのは女性に多い傾向です。結婚情報誌やサイト、雑誌の結婚特集なんかをみつけた日にはさらに妄想は加速していきます。
 
まだ具体的に話がまとまっていなかったとしても、そういった楽しい妄想で幸せになれるのでしたらどんどん「想像結婚式」をしていけばいいでしょう。幸せの先取りをすることは寧ろ良いことです。

妄想が本番の役に立つ?

意外かもしれませんがこの楽しい妄想が、実際に行う本番の結婚式においてとても役立つ場合があります。なかなか理想の結婚式のイメージというものは漠然としていることが多く、明確にやりたいこと(演出だったり会場のテーマだったり)をハッキリさせるのは難しいのです。
 
その点、妄想結婚式を脳内で繰り返していくと自然と自分のイメージがかたまりやすくなるんです。もちろんその場で考えてニヤニヤしているだけではすぐに忘れてしまう場合があるので、ひととおり頭の中で結婚式を楽しんだあとはメモなどに書き残しておくと、折角のアイデアもムダになりません。
 
他にも妄想はイメージトレーニングにも繋がっていきます。実際に結婚式当日を迎えると緊張してしまうもの。だからこそ繰り返し良いイメージを積み重ねておくのは重要です。本番であがって頭が真っ白になってしまわないためにも、この妄想結婚式は決してムダなことにはならないと言えます。

結婚に焦点をあてる

こういった全てのイメージの行き着く先は幸せです。もちろん結婚したらゴールではなく、その先に様々な困難が待ち受けているかもしれません。でもひとつの区切りとして結婚という幸せなイベントに焦点をあて前に向かっていくことは、生きていく上でとても大切なことなのです。
 
結婚式の話がまとまるまでの楽しみです。妄想の結婚式なんて!とバカにせず、思いっきり楽しんでください。

The following two tabs change content below.
宮本 里穂

宮本 里穂

恋愛心理学の専門家 恋愛心理学を専門に、社会心理学なども勉強しています。お酒を飲むことと、音楽を聴くことが好きです。心理学を基にして、実践的なアドバイスをすることを心がけています。
  • Twitter
  • Facebook